2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
味の柱はネギ・・まる家@西荻窪
2008/10/20(Mon)
さて月曜日は朝から案外と忙しい、書類の作成等して時間が過ぎる。
お昼過ぎに荻窪の銀行に用事があり愛車の吉岡に跨り自宅を出る。
銀行での用事を済ませ何となく西荻方面に進む。
最近近場は吉岡で移動しているが自宅から西荻辺りも行きやすい、久し振りの街でお昼ごはんを食べようという事で。
吉岡に跨りながらお店を考える、何となく気分でお店を考え向かう。
お店に着き吉岡を待機させてお店に入る。
壁のメニューを眺め皿ラーメンをお願いすると「どちらの味にします?」とご主人さんに聞かれ、せっかくなので九条ネギバージョンをお願いする。
まる家・メニュー
店内や壁には西荻らしい民芸品や骨董品が並ぶ。
まる家・壁
L字のカウンター席を囲む厨房にはご主人さんがお一人で切り盛り。
何年ぶりかな?多分5年以上伺っていなかったが店内はその時と変わらず煮干の香りが漂い心地良い感じと居心地の良さがある。
なんでも洋食店として開店して天ぷら屋を経てラーメン店になったそうで夜はお勧めボードにあるおつまみを肴に色んな焼酎を頂けるお店でちょっと気になるw。
煮干の香りに包まれながらぼんやりと待ちました。
暫くして皿ラーメン(九条ネギ)が提供されました。
まる家・九条ネギ皿ラーメン
シンプルですね(笑)
白いお皿に盛られた皿ラーメン(九条ネギ)、真ん中に鎮座しているのは全体に絡まるネギのようです。
先ずは麺から(それだけなのですが)頂きます。
まる家・麺
細めの緩くウエーブの掛かった麺はスルスルッと啜り口に入って噛めばシコシコした歯ざわりを感じる茹で加減で見た目平凡な中華麺に感じたがこの歯ざわりは面白い。
絡まるタレはネギに染まり緑色。
まる家・汁
味加減は優しさがあり程好い味加減で使っているネギの甘味や辛味とも混ざりシンプルですが複雑な味です。
ネギは九条ネギだけではなく長ネギや玉ねぎを包丁で丹念に叩いていましたがこの味が柱になっているのは見た目でも分かりましたが味わうとさらに印象深く感じます。
まる家・九条ネギ
粘りもあるので麺に絡みつくネギの風味を堪能しながら食べ進みます。
まる家・麺上げ
量は然程無くスルスルと食べ進みます。
麺を食べ終わるとお皿にはネギが残ります、それをお皿の縁からかっこむ様に頂き美味しく完食です。
通常の皿ラーメンは角切りのチャーシューが乗っているがはっきり言うと見た目のしょぼさからは想像出来ないほどに味わいは複雑に感じた。
ご主人曰く「九条ネギの美味しいと思う時期しか提供しない」と仰っていたが味の柱である九条ネギの旨さは暫く京都に居た僕には嵌った風味でもあり美味しく頂けました。
お会計をしてお店を出る、まだお腹は5分目以下(笑)
ただ今だ続いているプチダイエット中の身体、近くに気になったお店もあったが脇目もふらず自宅目指し吉岡でもがくのであります。
まる家・店
(08-216)
まる家@杉並区松庵
皿ラーメン(九条ネギ)900円






スポンサーサイト
この記事のURL | 油そば・汁なし・和えそば | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/733-743f1eb5

| メイン |