2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
一年一度のお楽しみ・・にふぇーでーびる@都立家政
2008/10/25(Sat)
土曜日の朝は忙しかったりする。
急ぎの資料の作成があり朝から頑張ってお仕事、何とか終了させて慌しく自宅を出る。
愛車の吉岡に跨り中杉通りを北上して都立家政を目指す。
今日は都立家政でエイサー祭があり一年一度の沖縄すばを提供するお店を目指す。
お店に着くとすでに人影があり先頭はサイドメニュー王、二番目が僕のラーメン師匠で三番目が師匠のお友達、四番目の椅子に座ると時期にある意味此方の主とも言える素敵な女王もいらっしゃり開店まで一時間以上もある待ち時間も楽々。
特に師匠が持ってきた本が面白く師匠のお友達と大衆酒場談議になり色々と勉強になった。
今日は久し振りに阪田店主もいらっしゃり今日は藤井店主と新人君の3人体制。
定時に開店してお店の中へ。
一年一度のエイサー祭に合わせて本日は[にふぇーでーびる]として限定100杯での営業。
七彩・POP(0125)
[にふぇーでーびる]とは沖縄の言葉でたまたま意味を知っているが何とも大胆な名前(笑)
券売機でソーキすばとジューシーを購入してカウンター席に座り普通盛でお願いした。
厨房は藤井店主で接客担当は新人君、阪田店主はカウンター奥で「ダンダンダン・・・・・」と大きな物音を出し作業、何をしているのかと思い見ると麺帯をうどん用の麺切り機で切っている。
待つ間も楽しい、お話したり藤井店主の調理等見ながら待ちました。
暫くしてソーキすばが提供されました。
七彩・ソーキすば
白い丼に盛られたソーキすば、上には三枚肉・本ソーキ・軟骨ソーキ・かまぼこ・ねぎが盛り付けてあります。
本当は本ソーキと軟骨ソーキを選ぶのだそうで初めの5人は特別に両方とラッキーな事。
先ずはスープから頂きます。
七彩・ソーキすばスープ
豚骨と鰹節の正統派の沖縄すばのスープであっさりしながらジワジワ来る旨みがある。
6年前に沖縄に行った時に食べ歩きしたが無論無化調のスープの旨みは本場に引けを取る事も無くこちららしくオリジナル感も漂わせながら上手に纏めて上げています。
麺は木灰を練り込んだ中太麺。
七彩・ソーキすば麺
沖縄すばらしい平打ちのそのフォルムも然る事ながら楢や椚の木灰の汁をカン水代わりに練りこんでいるそうで小麦の風味も豊かで優しい口当たりは沖縄すばには無いが程好いコシと弾力がスープによく馴染んでいました。
具の三枚肉は沖縄のアグーを使用した柔らかでとろけるような物で脂の部位の旨さもあるが案外さっぱりした感じもある。
甘めの軟骨ソーキと醤油の香りの引き立つ本ソーキもどちらも甲乙付けがたい旨さがあり脂のねっとりしてトロリとした軟骨ソーキと確りした肉質も感じる本ソーキの旨さは両方楽しめ有難い事でした。
勿論本ソーキの骨までガリガリと頂きました。
七彩・ソーキすば三枚肉 七彩・ソーキすば軟骨ソーキ 七彩・ソーキすば本ソーキ
かまぼこも無添加の物を使用して来年は作ろうかとこちららしい事を言っていた。
途中味のカスタマイズはこの日の為に用意された紅生姜と様々なスパイス。
七彩・調味料(0125)
フィファチやピィヤーシとこーれーぐーすの島唐辛子がありピィヤーシは知っていたがフィファチは初めて香を確かめて気分でこーれーぐーすの島唐辛子と紅生姜をチョイスして味のカスタマイズ。
無添加の紅生姜も美味しいがこの島唐辛子のピリリとした辛味が味を引き締め変化を楽しみつつ食べ進む。
麺や具を食べ終え鰹の効いた優しいスープを頂きながらジューシーを頂く。
七彩・ジューシー(1025)
ジューシーとは沖縄の炊き込みご飯の事で本来は様々な具が入るがあえて沖縄のアグーの旨さを前面に出そうと具は沖縄のアグーのみ。
上に添えられたネギを混ぜ込むように口に運べば上質な沖縄のアグーの風味や脂の旨さを堪能出来て素直に「旨い」の言葉しかない。
時折スープを頂くとさらに箸が進む、これの塩梅がまたいい。
ジューシーも食べ終わり残ったスープを丼を両手で持ち味わいながら飲み干し美味しく完食です。
いやはや旨かった、何時もと違うジャンルの味を纏め上げる上手さもあるがその中で此方らしい味も堪能出来き満足の味でした。
何時も色々と楽しませてくれるお店で毎回驚きもあり本当に面白いお店です。
「ご馳走様です」と言い満足でお店を後に。
朝早く起きてお仕事した自分へのご褒美の様な遅い朝ごはん。
一年一度のこのお店も来年がとても待ち遠しい気にさせてくれる味でした(^^)
七彩・看板(1025)
(08-222)
にふぇーでーびる(麺や七彩)@中野区鷺宮
ソーキすば970円・ジューシー250円






 





スポンサーサイト
この記事のURL | 麺や 七彩&江戸甘 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/739-be18a409

| メイン |