2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
楽しい夜の楽しい味・・凪ゴールデン街店@歌舞伎町
2008/10/30(Thu)
午前中三鷹で打ち合わせがあり終了後は自宅に戻り一生懸命お仕事(笑)
朝バナナと林檎を食べてお昼ごはんは我慢、夕方からの楽しい宴のためじっと我慢した。
時間になり身支度を整え自宅を出て向かうは初台。
どるふぃんさんと待ち合わせて幡ヶ谷に向かい薄暗い裏道を二人で歩く。
お店に着くと気が付いた女将さんが外までお出迎え。
今日は[一福@幡ヶ谷]さんの開店18周年記念での呑み会♪
自宅近くのお花屋さんで購入した鉢植えの小さな花をお祝いにお渡しして呑みのスタート。
一福・つまみ&三岳 一福・つまみ4品
一福・茄子漬け 一福・生ハム洋梨
おかみさんの手作りの肴を頂きながら三岳を呑む。
西新宿に住んでいた時はたまに伺っていたが阿佐ヶ谷に引越ししてからは間が開く訪問になっている。
ただ女将さんの優しさが詰まった味は大好きでたまには味わいたいのも本音。
色んな一福ファンが集まり近所の某名店店主さんも登場して楽しく美味しい宴。
記念写真を撮ったりして思い出に残るのも有難い事、女将さんには身体に気をつけながら末永くマイペースでやって頂きたい。
お開きになりお店を出て丁度来たタクシーに乗り有志4人で向かった先は新宿ゴールデン街。
2階にあるお店にあがりやはり焼酎をグイグイやる。
再開後初めての訪問で生田店主は出張中で不在、厨房にはムタさんがデン!とかまえる。
楽しい宴の続きはまだまだ中盤戦、記憶も無くしつつも何とか踏み止まりお酒を楽しむ。
頃合を見て麺が食べたくなりメニューを眺めて基本のラーメンをいったんも麺マシマシでお願いした。
凪新宿・メニュー
色々と試行錯誤していると聞いていたがどんな味が出てくるのか?楽しみに待ちました。
暫くしてラーメン(いったんも麺マシマシ)が提供されました。
凪新宿・ラーメン
白と黒の洒落た丼に盛られたラーメン(いったんも麺マシマシ)、上にはチャーシューが盛り付けてあり真ん中には海苔がデン!と鎮座しています。
先ずはスープから頂きます。
凪新宿・ラーメンスープ
濃い目の色した控えめな甘味のある醤油味はふんわり香る煮干の風味が印象的で旨みは十分。
豚骨色の強いお店だったがやはり創作心は常にある様で試行錯誤しながらのスープは今までの印象を吹き飛ばす味でもあります。
麺は太麺の縮れ麺。
凪新宿・ラーメン麺
自家製麺の小麦の香る風味豊かな太麺は滑らかな麺肌で口当たり優しくも頬張って噛むと弾力を強く感じる独特のコシがありパンチ力もある。
マシマシにして頂いたいったんも麺はその食感の面白さと麺自体の味を楽しめ面白く美味しい麺です。
凪新宿・いったんも麺
具のチャーシューは柔らかくも程好い噛み心地を残しつつ楽しめる品。
凪新宿・ラーメン肉
濃い目な煮干の香るスープに風味豊かな自家製麺の組み合わせはスタンダードな醤油味の中に風変わりなオリジナル感も見え隠れして楽しめる味わいです。
スルスル食べて麺や具を食べ終え残ったスープを丼の縁から啜り込み美味しく完食です。
お酒を楽しめ〆に美味しいラーメンを頂けるのは僕の好きなお店のスタイルでもありこの自由空間とも言えるゴールデン街でこれからも味もそうですが色々と楽しませてくれるお店だと感じます。
食べ終えチビチビ焼酎を呑んでいるとお友達と共に某名店店主さんを含む立川軍団も来集して楽しい時間が過ぎて行きます。
お開きになり良い気分になりお店を後にして雑踏の中を歩きさらに思い出横丁で一人呑む。
何だか色んな意味で楽しい夜だった。
ここから漕ぎ出したお店だがまた新たなる思いを秘めて再開させた生田店主の思いも感じられる温かみのあるお店はたまには伺いたいお店でもある。
此処最近泥酔木曜日と名づけられた木曜夜はそんな楽しさと美味しさが詰まった夜でもあるのです。
凪新宿・提灯&看板
(08-228)
凪 ゴールデン街店@新宿区歌舞伎町
ラーメン(いったんも麺マシマシ)700円















スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん新宿区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/746-d4527305

| メイン |