2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
重ねた素材のバランスの妙・・支那そばや本店@戸塚
2008/11/20(Thu)
本日はお仕事をOFFにして久し振りの食べ歩き。
阿佐ヶ谷駅でマッハ氏と合流してTkz氏との待ち合わせの戸塚駅に向かう。
戸塚駅で3人揃い食べ歩きのスタートです。
一軒目は今月初めにオープンした戸塚駅から程近いお店に行く。
開店時間20分程前に着きオープンを待つ、寒い日だが日の当たる場所での待ちは辛さも感じない。
定時にオープンして店内に入り券売機を見る、僕は塩らぁ麺を購入してテーブル席に座り待つ。
支那そばや本店・券売機
今日はラーメンの鬼の相性でお馴染みの佐野店主は居らずに三人の男性スタッフさんと二人女性スタッフさんで営業。
開店して一月弱の店内は明るく清潔感もあり居心地は良い。
お弟子さんも沢山いて僕の好きなお弟子さんのお店もあるがやはり本家本元で味わうと思うとワクワクしてしまう。
さてどんなものが頂けるか期待して待ちました。
暫くして塩らぁ麺が提供されました。
支那そばや本店・塩らぁ麺
思っていた通りの綺麗なビジュアルです。
内側に文様に入った丼に盛られた塩らぁ麺、上にはチャーシュー・穂先メンマ・わかめ・長ネギ・揚げネギが盛り付けてあります。
先ずはわかめを先に食べてお冷をゴクリと飲みスープから頂きます。
支那そばや本店・塩らぁ麺汁
キラリとした香味油の浮く澄んだ塩スープはじんわりと来る鶏の風味と海産物の旨みが過剰では無く凝縮された柔らかな旨みを感じさせてくれる味わい。
塩角も無く丸い味のスープはインパクト重視の巷に蔓延るラーメンとは逆に進んでいる感じがする品と格を感じる味に感じた。
麺は自家製の細めの麺。
支那そばや本店・塩らぁ麺麺
滑らかな啜り心地でするするっと啜って頬張ると小麦の豊かな風味が口に広がる。
ざらついた麺肌にスープも絡み口に旨みを広げてくれます。
豊かな風味を感じながら軽くも感じる味わいは喉越しの良さも感じさせてくれる味わいです。
具のチャーシューは噛み心地が良くジューシーな肉の味が楽しめる。
支那そばや本店・塩らぁ麺肉
穂先メンマはザクッとした歯応えがあり濃い目の味も食感同様に斬新に感じた。
支那そばや本店・塩らぁ麺竹
長ネギや揚げネギの風味は味わいの中で確りと印象付ける味。
支那そばや本店・塩らぁ麺葱
同行者からおすそ分けされた白式部は小さな小龍包と言った感じで厚みのある皮がとても美味しく感じた。
支那そばや本店・塩らぁ麺白式部
丼を左手に持ちするすると麺を啜っては途中でスープを縁から啜るの繰り返しで一定のリズムを刻みながら食べ進む。
麺や具を食べ終え残ったスープを丼の縁からじっくりと味わいながら飲み干し美味しく完食です。
一杯の丼の中に拘りのある色んな素材の詰まった味は切れのあるシャープな味で後味の余韻も良かったです。
ただ単に良い素材を重ねていった旨さではなくきちんとバランスの取れた旨みを感じさせてくれる味はもはや味だけでは語りつくせない部分もあると思います。
同行者の醤油らぁ麺を味見しましたが此方は頂いた塩味よりタレの味を感じさせてくれた秀逸な物で次回の注文は醤油で間違い無いと思います。
色んなお弟子さん達が全国でお店を開き僕の中では[福々亭@伊東]の塩らーめんが一番のお気に入りでもあり久し振りに源流の味を頂けて満足の食後でした。
食べ終えて2階の製麺室を見学してお店を後に。
支那そばや本店・製麺室
ご自分の育った所でもあるこの地で数多くのラーメン店に影響を与えた基本となる味をずーっと守って頂きたいと思いながら次のお店に向かうのであります。
支那そばや本店・塩らぁ麺店
(08-244)
支那そばや本店@横浜市戸塚区戸塚町
塩らぁ麺900円
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん神奈川県 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/762-3ce85f92

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。