2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
追い続ける惚れ込んだ味・・天勝@阿佐ヶ谷
2008/12/18(Thu)
朝起きてから急ぎのお仕事がありそれを終わらせお昼過ぎに郵便局に用事があり自宅を出る。
郵便局から自宅に戻る途中にお昼ごはんを食べて帰ろうとお店を考える。
久し振りにこってりいきたい気分、ならばと頭に浮かんだお店に向かう。
お店に着き券売機で毎度の事ながら和豚らーめんを購入してカウンター席の奥に座る。
天勝・1218券売機
お店は久し振りの訪問、かつてお酒の〆と言えば此方だったが身体の事を考えて控えている為に訪問回数も激減してしまった。
厨房では半澤店主がテキパキとお仕事。
お昼過ぎの緩やかな空気の漂う店内はのんびりした雰囲気で調理しながらの半澤店主と雑談しながら待ちました。
暫くして和豚らーめんが提供されました。
天勝・1218和豚らーめん1
和風の丼に盛られた和豚らーめん、上にはチャーシュー・めんま・海苔・長ネギが盛り付けてあります。
先ずはスープから頂きます。
天勝・1218和豚らーめんスープ
粒々感のある背脂の浮く豚骨ベースの醤油味は濃厚な旨みの中に甘味を感じられる仕上がりで自分の好きなクラシカルな背脂らーめんを自分らしく追い続けている味は流行の味とは一線を画す感じもブレも無く何時でも同じ美味しさが楽しめます。
麺は中太の緩くウエーヴの掛かった麺。
天勝・1218和豚らーめん麺
確りとした茹で加減、啜り心地は背脂由来の滑らかさも加わり噛むとプッツリ切れる歯切れの良さがある。
この麺はスープで色んな表情を見せるが半澤店主の味に良く馴染んでいると思います。
具のチャーシューは柔らかで熱が加わるととろける様な食感が楽しめる。
以前の様なツナっぽさはもう無くもち豚と言う素材に頑固なまでに拘った肉の味が楽しめる物です。
天勝・1218和豚らーめん肉
柔らかで程好く炊かれためんまは好い箸休めになりこってりした味を食べ進ませてくれるアイテムにもなっています。
天勝・1218和豚らーめん竹
海苔は途中のお楽しみ、麺を巻いて口に運ぶと磯の香りが楽しめて食感と味わいにアクセントを付けてくれます。
長ネギはこってり味にマッチして相性の好さを感じさせてくれます。
食べ進み温度が下がってくるとさらに甘味を楽しめる、後半のこの変化は楽しみでもあります。
スルスルと食べて麺や具を食べ終え残ったスープを丼の縁から味わいながら啜り込み美味しく完食です。
時間にも余裕があり他にお客さんも居なかったので食べていながらや食後も半澤店主と四方山話。
自分の惚れ込んだ味を自分らしく追い続けるのはやはり内に秘めた熱き想いがあるからこそ。
納得出来ないスープの時はお店を開けない事も半澤店主の真っ直ぐな拘りを感じられるところでもある。
今は少なくなったこってり背脂の豚骨醤油味はラーメン食べ歩きの中でも想いも深い味でもある。
呑んだ後の旨さもあるがこうしてじっくり味わうとまた違った美味しさも感じられる。
自家製麺も気になっていたり味噌味も研究中らしい。
ベーシックな味の変化も楽しみだが時たま頂きたくなるこの味は何時でも満足出来る味でもあります。
天勝・1218昼店_
(08-270)
麺屋天勝@杉並区阿佐谷北
和豚らーめん660円
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/789-e4ccf4cb

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。