2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
一つの味が三変化・・○麺堂@東伏見
2008/12/22(Mon)
あっさりした一杯目を食べている途中から気になっていたメニューがある。
限定の文字に弱いのは仕方ないか。
気になったメニューは「極太あつもりつけめん(冬の陣)」、レギュラー(200g)を少なめでお願いした。
○麺堂・1222POP
もともと此方のお店のHPは見ていて限定にも力を入れているようで今までも気になるメニューがあった。
一杯目を食べている時も限定を頼まれているお客さんも多く気になったのも事実。
寡黙でテキパキと調理するご主人と明るく丁寧に接客する奥さんは中々のコンビネーションだと思う。
暫くして極太あつもりつけめん(冬の陣)が提供されました。
○麺堂・極太あつもりつけめん(冬の陣)
和風の柔らかな色の丼と器に盛られた極太あつもりつけめん(冬の陣)、器には色んな具材が浮かんでいるつけ汁が盛られ丼には麺の上に燻しやきぶた・メンマ・青菜・なると・白髪ネギ糸唐辛子が綺麗に盛り付けてあります。
極太あつもりつけめん(冬の陣)汁 極太あつもりつけめん(冬の陣)麺丼
先ずはつけ汁を一口。
極太あつもりつけめん(冬の陣)汁2
レギュラーの柔らかい味の拉麺に対しこってりした味噌味のつけ汁は中に背脂・わけねぎ・クルトンなどが入り白いソースは生クリーム。
味加減は丸く味噌くささも感じずに纏まりのある味、胡麻の風味は練り胡麻にも感じられ聞けば「芝麻醤を使っています」とご主人さんが言っていた。
あまり味噌味は好んで頂かないがこう言う柔らかな味の味噌味は好みの味。
柔らかい味は此方の持ち味なのかも知れない。
麺は太目のウエーヴの掛かった麺。
極太あつもりつけめん(冬の陣)麺
極太とは言えそこまでの太さは無い。
四角い断面で口に運び噛むと歯を押し返すような強靭なコシがある。
麺肌はややざらつく感じもあるが口当たり滑らかでつけ汁との絡みも好いです。
燻しやきぶたはつけ汁に入れて温めておき頂くとつけ汁の味に馴染みボリューム感があり食べ応え十分です。
歯ざわりの好いメンマや茹で加減シャキッとした青菜は良い箸休めになります。
極太あつもりつけめん(冬の陣)肉 極太あつもりつけめん(冬の陣)竹青菜
麺に軽く味も付いているようでメンマ・青菜・白髪ネギ・糸唐辛子を全体と良く混ぜて和え麺風にしても楽しめます。
極太あつもりつけめん(冬の陣)混ぜ麺
具材の混ざった麺をつけ汁に浸し口に運ぶと食感にアクセントも付き味わいに広がりを感じられます。
スルスル食べて1/3程残しつけ汁を麺に掛けて味噌ラーメン風にして頂きます。
極太あつもりつけめん(冬の陣)掛け麺
スープ割をしなくてもいい位の味加減なのでこの食べ方も和え麺風同様に正解、一つで色んな変化が楽しめます。
スルスル食べて麺や具を食べ終え残ったスープをグイッと飲み干し美味しく完食です。
味は柔らかな味でこってりしながら後味軽く食べやすい味ながら一つの丼でつけめん・和え麺・ラーメンと三つの味を楽しめて面白さもあり美味しく頂けました。
味のカスタマイズや変化を楽しむのは好きな事、しかもそれが好みの味だったら申し分ない事、食べ終え満足感が広がりました。
満足でお会計をしてお店を後に。
初訪問で気になっていた宿題店だったが一杯目の印象の薄さは二杯目で払拭された。
もともと限定は好きだがそれはレギューラーメニューの味を自分なりに理解したから頂けるものだと感じている。
初訪問のお店でいきなり限定を頼む事も多いが今後はきちんとレギュラーメニューを頂きたいとも感じた。
柔らかい味はこちらの持ち味、今後の限定も楽しみな感じがする。
○麺堂・1222店
(08-274)
○麺堂@練馬区関町南
極太あつもりつけめん(冬の陣)850円

スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん練馬区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/792-86967257

| メイン |