2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
初春や~心に染みる味わいを・・RAMEN CiQuE@南阿佐ヶ谷
2009/01/04(Sun)
朝起きて自宅でお仕事。
明日提出する書類があり普段以上に頑張らなくてはならない日。
一仕事終えて何時もより温かい格好で自宅を出る、お仕事の活力!ブランチをと決め込む。
愛車の吉岡に跨り青梅街道へ出てお店へ向かう。
お店に着くと粘着王子がお正月らしく片手に大人の麦ジュースを持ち現れる。
暫くすると僕のラーメン師匠も現れ三人で待つ。
今日も前日と同様に三人で待ったのは訳があり、昨日チョットした事情で昼営業は醤油ラーメンのみの提供で昨日からの限定が頂けなかったので連日のシャッター待ちとなった。
開店時間より早くオープンして券売機でわたり蟹とあん肝のらーめんを購入しカウンター席に座り大盛でお願いする。
チキュー・わたり蟹とあん肝のらーめん券売機
二日連続のお店は何時も通りの居心地の良さ。
店内には軽快な音楽が流れスクリーンには雪景色が映し出されている。
定時になり次第にお客さんが入りだし後ろの待ち席も満杯になる。
相変わらずの手際の良さでテキパキと調理する須藤店主。
暫くするとわたり蟹とあん肝のらーめんが提供されました。
チキュー・わたり蟹とあん肝のらーめん
和風の創作丼に盛られたわたり蟹とあん肝のらーめん、上にはわたり蟹・あん肝・春菊・細裂きめんま・海苔・炒め葱・刻み葱が盛り付けてあり丼の縁にはかぼすが添えてあります。
わたり蟹の殻入れにと四つ葉の型の器が一緒に提供されました。
先ずはスープから頂きます。
チキュー・わたり蟹とあん肝のらーめん汁
やんわりとしたスープは塩ラーメンのスープがベースでわたり蟹の旨みが淡くじんわりと効いている。
味の加減やバランスも流石でお見事!の一言で一口飲めばすーっと解けながら口に中に香りと旨みを残し胃に収まっていく感じで思わず頬が緩みます。
麺は中細の緩くウエーヴの掛かった麺。
チキュー・わたり蟹とあん肝のらーめん麺
シャッキリした茹で加減、啜り心地と歯応えの双方を兼ね備えた三河屋製麺の麺は麺の旨さもさる事ながら旨さを生かす須藤店主の腕があっての事と感じます。
スープとの相性も申し分無く啜ればスープの味や香りを口の中に引き上げてくれます。
あん肝は大きなカットと小さなカットの二種類あり大きなカットは齧り付き小さなカットは麺と絡めて頂いたりしてあん肝の芳醇で濃厚な美味しさを楽しみます。
チキュー・わたり蟹とあん肝のらーめんあん肝
春菊はスープに浸しておき温まった頃頂くと熱も入り優しい香りが癖も無くマッチしている感じです。
チキュー・わたり蟹とあん肝のらーめん春菊
細裂きめんまは何時も通りの美味しさ、味加減も程好く歯応えがあり食感にアクセントがつきます。
チキュー・わたり蟹とあん肝のらーめん竹
長ネギは香ばしさと甘味をプラス、刻み葱は食感と柔らかい辛味をプラスしてこの辺りが妥協しない須藤店主らしいセンスを感じ取れます。
チキュー・わたり蟹とあん肝のらーめん葱
わたり蟹はそのままでももちろんの事、肉の部分に染み込んだスープが味わいに深みを増している感じで美味しいです。
チキュー・わたり蟹とあん肝のらーめん蟹
するすると食べて美味しさに身を包まれ食べ進む。
後半かぼすをキュッと絞れば柔らかい酸味と香りをプラスしてくれてさらに後口もスッキリします。
チキュー・わたり蟹とあん肝のらーめんかぼす
このかぼすは全く酸味がきつくなく聞けばかなり高価な物らしく柑橘系がやや苦手な僕にはちょっとビックリさせられた柔らかい味でした。
麺や具を食べ終わり残ったスープを丼の縁から味わいながら飲み干し美味しく完食です。
食べ終わりも軽い感じ、濃厚な旨みを感じたスープも後味もスッキリでまた美味しく楽しめた限定品を頂けました。
年末に伺った時に今回の限定の話になったがあえて内容を聞かなかったのは楽しみを取っておきたかったから。
「まだまだ色んな使ってみたいと思う素材があるのです」と須藤店主は笑顔で言っていたが言葉以上に眼を輝かせていた感じがした。
今年初めての限定を頂き満ち足りた気分と身体でお店を後に。
好きなお店は色々あるが元々リピーターの僕は味もそうだが店主さんに惹かれる事が多い。
何時でも美味しく楽しませてくれる須藤店主は今年も僕の心を楽しませてくれる事間違い無いでしょう。
チキュー・0105店
(09-002)
RAMEN CiQuE@南阿佐ヶ谷
蟹とあん肝のらーめん(期間限定)900円
スポンサーサイト
この記事のURL | RAMEN CiQuE | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/797-d3d77216

| メイン |