2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
濃醇な味噌味・・きら星@武蔵境
2009/01/07(Wed)
昨日までの締め切りの図面や書類の作成も終わり朝起きてややゆるりとした気分でお仕事。
荻窪の銀行に行く用事があり自宅を出て向かう。
銀行で用事を済ませると丁度好い時間、早めに用事も済んだので愛車の吉岡を駐輪場に止めて荻窪駅から電車に乗り武蔵境駅を目指す。
武蔵境駅で降りてテクテク歩きお店に向かう。
開店30分前に一番乗り、予定通りの行動だった気もする。
ぼーっとしながら日陰になるお店前で待つ、冬のシャッター待ちは温かな日差しも欲しいと思う今日この頃です。
開店時間少し過ぎに開きお店に入り決めていた味噌ラーメン(期間限定)と小ごはんを券売機で購入してカウンター席の一番奥に座る。
きら星・0107味噌ラーメンPOP
厨房は星野店主を中心に二人の男性スタッフさんがサポート。
目が合いお互いに頭をペコリと下げて挨拶、忙しい中気配りを忘れないもの嬉しい事だ。
開店時10人ほどの並びで直ぐ満席になり店内待ちもあり外待ちも並んでいる様子。
年末に伺った時にこの限定を知り普段はあまり頂かない味噌味もかなり気になっていて待ち遠しかった。
味噌ラーメンは時間が掛かるようで少し待ち提供となりました。
きら星・0107味噌ラーメン
店名の入った丼に盛られた味噌ラーメン、上にはチャーシュー・きゃべつ・もやし・ニラ・玉ねぎが盛り付けてあり野菜の上には辛味噌がトッピングされています。
先ずはスープから頂きます。
きら星・0107味噌ラーメンスープ
ドロリとした豚骨や豚頭をガンガン炊いたスープは背脂の旨みも加わり迫力ある豚の旨さの醍醐味が味わえる。
味噌ダレもパンチがある感じでニンニクの風味がマッチしている。
味噌スープと言うよりは油そばの味噌ダレの様な感じで重くズッシリとしたインパクトのある味です。
麺は中太の全粒粉を使用した自家製麺。
きら星・0107味噌ラーメン麺
やや平らな感じの中太麺は滑らかな啜り心地で口に運び頬張るとプッツリ切れる歯切れの良さがある。
どっしりとしたスープを持ち上げると言うか引き連れてくる感じでインパクトのあるスープにけして負けていない旨さや食感の味わえる麺です。
具のチャーシューは柔らかく肉厚のバラ肉。
きら星・0107味噌ラーメン肉
脂の部位のとろけるような食感と確り味の入った赤身の部位の噛むと解れる感じの味はチャーシュー好きなら堪らない旨さ。
シャキシャキの野菜もボリュームがあり食べ応えと共に口の中をリセットしてくれるアイテムになっています。
きら星・0107味噌ラーメン野菜
少しそのまま麺を食べては野菜を口に運び途中から全体を良く混ぜて辛味噌も溶け込ませるようにして頂きます。
きら星・0107味噌ラーメン辛味噌
辛味噌の味が全体に広がると程好いピリ辛感が味を引き締めカスタマイズを楽しめます。
きら星・0107味噌ラーメン混ぜ麺
濃厚なスープに濃い味噌ダレそこに甘味のある背脂が加わりそれを引き締める辛味はただパンチがあるジャンクな味わいでは無く全てを纏め上げる計算されつくした星野店主らしい味と思えます。
濃厚なスープにほんのり香る魚介の風味が好いアクセントでジュルジュルと食べ進みます。
麺や具を食べ終え残ったスープに小ごはんを投入して飯割りで〆ます。
きら星・0107味噌ラーメン飯割り
粘度のあるスープがごはんを包むように馴染んでいき蓮華で口に運び美味しさを堪能します。
ごはんを崩しながらスープを絡める、これもこの粘度があるからこそ出来る食べ方だと思います。
〆の飯割りも頂き美味しく完食です。
食べ終えはやはりヘビーな味にノックアウトされた自分がそこに居た。
おざなりの味噌ラーメンでは無く確りとご自分らしい味に纏め上げた旨さを堪能出来て待ち遠しかった味に大満足。
今都内で頂ける重厚感のある味の中でも一番ハードな部類に入るかも知れない。
「美味しかったですよ」と星野店主に声を掛け満足でお店を後に。
此方に伺えば定番ともなった駅へ続く道でのセブンイレブンへの寄り道。
黒烏龍茶を購入しお店前で飲みながらスローダウン。
寒い季節も陽射しは暖かな昼下がり口元で香るニンニク風味を辺りに悟られないように確りと口を真一文字に閉めて電車に乗り自宅へ戻るのであります。
きら星・0107味噌ラーメン看板
(09-004)
きら星@武蔵野市境南町
味噌ラーメン(期間限定)800円・小ごはん100円
スポンサーサイト
この記事のURL | ラーメン きら星 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/798-73232c64

| メイン |