2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
満足満腹の金曜夜・・めじろ@代々木
2009/01/16(Fri)
満足のお昼ごはんの後自宅に戻り冷えた身体を熱いお風呂に入り温める。
身体も温まり満腹感もあり流石に眠くなる。
お布団に入りお昼寝する、なんだか最近のOFFは寝てばかりいる気がする。
夕方目覚めぼーっとする。
お湯を沸かし珈琲を入れて飲む、頭と目が徐々に通常モードに戻ってくる。
netなどチラ見しながら時間が過ぎる。
時計を見ると頃合も良くジャージから着替えて自宅を出て代々木に向かう。
代々木駅に着きお店に向かう。
夕暮れの中暖簾を潜りお店に入り仕切り板の向こうへ。
先にいらしていた常連さんと挨拶して着席、祐貴さんに残波をお願いする。
めじろ・味噌ナンバー2残波
おつまみはタレ焼のちゃーしゅうをお願いする。
めじろ・味噌ナンバー2ちゃーしゅう(タレ焼)
ちびちびやりながらタレ焼のちゃーしゅうを肴に楽しくお話しする。
何時もの金曜夜、楽しい時間はゆっくりと過ぎていく。
頃合を見て本日の限定麺をお願いする、来週一週間限定で提供される味噌ナンバー2が本日頂けるそう。
めじろ・味噌ナンバー2POP
暫くして味噌ナンバー2が提供されました。
めじろ・味噌ナンバー2
有田焼の黒い丼に盛られた味噌ナンバー2、上にはちゃーしゅう・めんま・海苔・白髪ネギが盛り付けてありスープにはマー油・刻みネギ・白胡麻・黒胡麻・唐辛子が泳いでいます。
先ずはマー油を除けてスープから頂きます。
めじろ・味噌ナンバー2スープ
和風の柔らかい味の味噌スープ、甘味もあるが後から辛味が追い掛けてくる感じで口の中で解け旨みを残し消えていく感じ。
めじろらしい和風感に上乗せされた味は層を成しているが纏まった味がある。
麺は細めの自家製麺。
めじろ・味噌ナンバー2麺
味噌味なら太麺と思っていた僕の概念を打ち破った組み合わせは流石の旨さ。
滑らかな啜り心地で噛むとシコシコした歯応えがあり細めながら実に力強い麺です。
具のちゃーしゅうは赤身の部位と脂の部位のコントラストが味わえ確りとした噛み応えがある。
めじろ・味噌ナンバー2肉
めんまは以前の極太では無く今年はこれで行くそう。
優しい味と歯応えは以前の物より控えめな感じも好い箸休めになります。
めじろ・味噌ナンバー2めんま
徐々に広がるマー油の風味は柔らかな香ばしさと苦味をプラス、味わいに幅が出ます。
後から追い掛けてくる辛味は口で感じるより額の汗で分かる、汗が滲んできます。
スルスル食べて麺や具を食べ終え残ったスープを丼の縁から味わいながら飲み干し美味しく完食です。
食べ終わるとふ~っと吐息が漏れるのも何時もの事。
レギューラーの味噌ら~めんより複雑にはなったが奥底はきちんと和風のめじろらしい味。
身体もポカポカしてきてその温かさと味の余韻は長く続きました。
ああ何時もの事ですが満足満腹の金曜夜でもあります。
めじろ・味噌ナンバー2店
(09-011)
七重の味店 めじろ@渋谷区代々木
味噌ナンバー2(期間限定)950円
スポンサーサイト
この記事のURL | 七重の味の店 めじろ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/808-eef3bb8d

| メイン |