2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
MAGIC・・RAMEN CiQuE@南阿佐ヶ谷
2009/01/20(Tue)
朝起きて自宅で急ぎの書類を作成する、眠い眠い・・・。
FAX送信して銀行と区役所へ行く用事があり自宅を出る。
一通り用事を済ませると時刻は丁度お昼前、お昼ごはんを食べてから戻る事にした。
青梅街道を西へ向かいお店に到着。
店内に入り券売機で4日に頂いた限定もあったが今日は決めていた醤油ラーメンとチャーシュー(肩ロース)の食券を購入し満席なので後ろの待ち席で待つ直ぐに待ち席も満席になる、人気あるな~。
チキュー・1220食券
暫くして席が空き一番奥の席に座り食券を渡す。
厨房は須藤店主と女性スタッフさんのお二人で切り盛り、何時も通り淡々としながらテキパキと調理されています。
チキュー・1220スクリーン
横の画面からは懐かしのトム&ジェリーが流れて待ち時間も楽々、ただ首が少々難儀(^^;
暫くして醤油ラーメン(肩ロースチャーシュー乗せ)が提供されました。
チキュー・1220醤油ラーメン(黒味玉)
白い和風の創作丼に盛られた醤油ラーメン(肩ロースチャーシュー乗せ)、上にはバラチャーシュー・肩ロースチャーシュー・細裂きめんま・ほうれん草・海苔・黒味玉・白葱・万能ネギが盛り付けてあります。
先ずはスープから頂きます。
チキュー・1220醤油ラーメン(黒味玉)汁
クリーミーな口当たりの豚骨ベースの白湯スープは海産物の風味も加わり軽めだが重厚なコクがある。
独特のスパイス使いは須藤マジックとでも言いましょうか味わいの中で異端を放ちながら味の核として纏め上げている。
巷の豚骨魚介テイストとは一味も二味も違う実にオリジナル感の漂う味です。
麺は中細の緩くウエーブの掛かった麺。
チキュー・1220醤油ラーメン(黒味玉)麺
シャッキリした茹で上がりで啜って頬張るとシコシコした歯応えがありプッツリ切れる歯切れの良さ。
三河屋製麺の特製麺だが独特のスープとの相性も好い感じでマッチしています。
具のバラチャーシューは柔らかでとろける感じ。
チキュー・1220醤油ラーメン(黒味玉)バラ肉
肩ロースのチャーシューは口の中で解れていく感じでそれぞれに合わせたスパイスが味にひとはな添えています。
チキュー・1220醤油ラーメン(黒味玉)ロース肉
程好く焚かれた細裂きめんまは歯応えも良く麺と絡めて頂くと食感にアクセントが付きまた楽しめる。
チキュー・1220醤油ラーメン(黒味玉)めんま
黒味玉は中まで味が確りと入り黄身のとろ~りとした味わいが溜まりません。
チキュー・1220醤油ラーメン(黒味玉)黒味玉
白髪ネギは辛味を万能ネギは甘味を加えそのネギ使いにも細やかな配慮が感じられます。
チキュー・1220醤油ラーメン(黒味玉)葱
麺は大盛にしたのでタップリ、食べ応えもありつつスルスルと食べ進みます。
麺や具を食べ終え残ったスープを丼を両手で持ちじっくりと味わいながら飲み干し美味しく完食です。
何時もの食べ終わりですよ、毎回落ち着いて美味しいものが頂け須藤店主のMAGICを体感出来るのも満足で嬉しい事。
何時もは開店時間か昼営業終了間際か訪問時間が両極端だがこうしてお昼時に伺うとやはりあの雑誌の影響なのか?お客さんの層も変わった印象を感じた。
ただ人気が出てこの味を色んな方達に味わって貰える事は一ファンとしても嬉しい事でもあります。
須藤店主に右手で挨拶してお店を後に。
忙しい時は言葉を交わさない事もある、ただ「毎度ありがとうございました~」の声を掛けられるだけで十分満足なのであります。
さて次は何を食べようか?また楽しみです(^^)。
チキュー・1220看板
(09-014)
RAMEN CiQuE@杉並区阿佐谷南
醤油ラーメン750円・肩ロースチャーシュー100円
スポンサーサイト
この記事のURL | RAMEN CiQuE | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/811-d9f86c47

| メイン |