2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
ジャンクさと繊細さと・・楽々@吉祥寺
2009/02/18(Wed)
毎日の事ながら朝起きて自宅でお仕事。
お昼過ぎになんとか急ぎの書類や図面を作成して気になっているメニューがあるのでジャージから着替えて愛車の吉岡に跨り吉祥寺を目指す。
環八から裏道を通り進むが以前は遠く感じた吉祥寺も近いものだ。
お店に着き券売機を限定を購入しようとしたがどうもボタンがプッシュ出来ずにお金が戻ってくる。
バイト君に「お金が入らないよ」と言うと「何にしますか?」と聞かれたので「限定を」と言うと「スミマセン売り切れです」と返事が返ってきた(-_-;)
するとN店長から「タレが無いので時間が頂ければ速攻で作りますよ」と嬉しい返事(^^)
好いですよ、このあと特に急ぐ用事も無いので待ちますとも♪
楽々・2018POP
カウンター席の端に座り時間もあるので大人の麦ジュースをお願いして待つ。
楽々・2018生ビール
「おつまみです」と佃煮が出されグビりとやります。
楽々・2018おつまみ
頂きながらN店長とバイト君と会話、やはりこちらの限定は人気があり今日も早々と売り切れになったそう。
昼営業終了前ののんびりした時間、モダンな店内も緩やかな雰囲気。
暫くして限定のセアブラック油そばが提供されました。
楽々・セアブラック油そば
白い丼に盛られたセアブラック油そば、上にはチャーシュー・めんま・もやし・万能ネギ・玉子の黄身・背脂が盛り付けてあります。
楽々・セアブラック油そば玉子
玉子の黄身を崩さない様に気を付け先ずは麺を引っ張り出し一口。
楽々・セアブラック油そば麺
濃い色のタレを纏った平打ちの太麺はウネウネと捩れたそのフォルムが頬張り噛むと暴れる様に弾け飛ぶ感じでインパクトがありみっしりと小麦の詰まった感じがします。
タレは麺に和えられていますが多めなので丼の下に沈んでいます。
楽々・セアブラック油そばタレ
チャーシューダレをベースに香味油・辛味油を使用していますが見た目程の濃さは無くほんのりとした辛味とややビターな風味がオリジナル感を漂わせています。
全体をよーく掻き混ぜて食べ進みます。
楽々・セアブラック油そば混ぜ
具のチャーシューは濃いめの味で柔らかさと噛み心地の双方を兼ね備えたジューシーな物。
楽々・セアブラック油そば肉
程好く炊かれためんまはザックリしながら甘味があり食感味共にとても好みの物。
楽々・セアブラック油そば竹
シャキシャキしたもやしは麺と一緒に口に運ぶと味わいと食感にアクセントを付けてくれます。
楽々・セアブラック油そば麺具
玉子の黄身が加わると風味とマイルドさを加え背脂の味が全体に馴染むと甘味もプラスされて全体を纏めながら包み込む様な味に箸がどんどん進みます。
甘味・苦味・辛味・醤油の風味等と色んな味が感じますが全体が一つになりながら程好い塩梅に纏まっている印象で奏でるハーモニーは飽きさせずに楽しめます。
麺や具を食べ終えると丼の底には美味しそうなブツが残りますがご飯は売り切れなので飯割りが出来なくて残念だがそのブツを流し込むように頂き美味しく完食です。
見た目の色から判断すると相当な濃さを感じた味も食後は油っぽさを残すわけでも無くもたれる感じもしない。
磯部マジックなのだろうか?この後味の好さもジャンクな一面に見え隠れする繊細な仕事は此方の味わいの一つに感じます。
満足で席を立ちお店を後に。
色んな限定を繰り出すお店だが本音を言えば全部食べたいと思ってしまう。
基本メニューの旨さがあるからこそそこに加えられたオリジナルのソースは何時でも食べ終えれば満足な気持ちになってしまう。
時間が許す限り頂きたい此方の限定だが味わうとさらにその気持ちが強くなります。
この味のらーめんを頂けなかった事は本当に悔いが残ります、ああ食べたかったな~。
楽々・セアブラック油そば店
(09-034)
音麺酒家 楽々@武蔵野市吉祥寺南町
セアブラック油そば(限定)650円

スポンサーサイト
この記事のURL | 油そば・汁なし・和えそば | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/832-41cef7b0

| メイン |