2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
帰り道にふらりと・・天勝@阿佐ヶ谷
2009/02/26(Thu)
お昼ごはんを食べて自宅に戻りデスクワーク。
夕方切りのよい所で業務終了し木曜夜は休み前なので呑みに出かける。
早めに呑んだので早めにふらつき帰路に着く。
最寄り駅で降りて小腹が空いたので〆を頂くためにお店に向かう。
お店に入り券売機で定番の和豚らーめんを購入して空いていたカウンター席に座る。
天勝・0226券売機
久しぶりの訪問、呑んだ後はなるべく寄らないように心掛けていたがまあ帰り道だし誘惑に負けた。
閉店間際の時間で厨房は半ちゃん事半沢店主がテキパキとお仕事。
他にお客さんも居らずに他愛の無い話をしながらのんびりと待ちました。
暫くして和豚らーめんが提供されました。
天勝・0226和豚らーめん
呑んだ後に一番イケナイと思われるそのフォルム。
背脂タップリのスープ、上にはチャーシュー・メンマ・ネギ・海苔・煮玉子が盛り付けてあります。
煮玉子はサービスのようで有難い事です。
先ずはスープから頂きます。
天勝・0226和豚らーめん汁
粒々感のある背脂が覆う豚骨醤油スープはこってりとした中に癖など感じさせずに旨味の凝縮された味。
和豚の旨味が詰まった味はトロンとした口当たりで印象を残しながら喉にすーっと入る。
パンチのある味わいも柔らかい味でグイグイいけます。
麺は中細の緩くウエーヴの掛かった麺。
天勝・0226和豚らーめん麺
何時も通りしゃっきりした茹で加減で啜り心地も好く噛むとシコシコした歯応えがある。
スープとの相性は言うまでも無く僕の中ではこの麺を一番美味しく頂ける組み合わせ。
具のチャーシューは柔らかくホロリと解れてそのまま頂くより麺と絡めて頂くと塩梅が好い。
天勝・0226和豚らーめん肉
甘めのメンマも軽めの歯応えを残し食感にアクセントを付けてくれます。
ネギの風味は全体を引き締める感じで何時も次回は多めでお願いしようと思いつつ箸を進ませます。
煮玉子は味加減も茹で加減も好みで好い箸休めになります。
背脂の粒々感と甘味を楽しみつつスープを飲み麺を啜る。
イケナイと思っていた〆の味もその美味しさにグイグイ引き込まれ箸が止まりません。
麺や具を食べ終えこれまたイケナイと思いつつもスープを味わって飲み干し美味しく完食です。
パンチのある味もドギツサは無く丸く柔らかい味でブレも無く何時も同じ美味しさが頂けて有難い。
呑んだ後の〆はイケナイと思いつつもやはり店外に漂う香りに引き込まれるように誘惑に負ける事が多い。
こんな〆はたまにはアリだと思う、まあ明日また調節すればいいさ。
天勝・0226堤燈
(09-043)
天勝@杉並区阿佐谷北
和豚らーめん660円
スポンサーサイト
この記事のURL | らーめん杉並区 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/843-741e4ba6

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。