2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
苦労したかいがありました・・多摩組(会場・鏡花@立川)
2009/05/17(Sun)
朝起きると急ぎのお仕事のFAXが三軒分・・・(-_-;)
少しのんびりと起きたので慌てながらデスクに向かい集中!
結構難解な書類もありお昼過ぎに終了。
身支度を整えて自宅を出て最寄り駅から立川を目指す。
サイドメニュー王に電話すると「急いで来ないと食べられないかも知れませんよ!!」と煽られたが電車ではこれまた仕方ないな~。
立川駅で降りて会場のお店を目指す、自然と足早になる。
お店付近はかなりの行列、案内のお兄さんに「二時間ほどの待ちになります・・」と言われたがここまで来て待たない訳にはいかない、持参した本を読みつつ待つ。
列は少しづつ進み色んな店主さんや知り合いと挨拶や会話しながら待つ、言われた通り二時間ほどで店内に入る。
多摩地区12軒のお店のスタンプラリー[多摩組]のイベントで12軒全部コンプリートすれば特別招待権利を頂けて一日だけの限定麺を頂ける、苦労したが何とか12軒回り当日の参加となった。
スタンプカードを見せて記念のTシャツは後日頂く事になり折角なのでタマ玉子とX丼を追加して案内された席に着く。
多摩組Vol1・券
第一回のイベントはワクワクする。
厨房や接客で参加店の店主さん達が奮闘中。
多摩組Vol1・厨房
心なしか皆さん楽しそうな感じで普段のお店の顔とは別とも感じる。
暫くしてTOKYO-Xが運ばれて来ました。
多摩組Vol1・TOKYO-X
黒い多摩組の丼に盛られたTOKYO-X、上にはチャーシュー・のらぼう・タマ玉子・海苔が盛り付けてあり別でつけ汁が提供されました。
多摩組Vol1・TOKYO-Xつけ汁
先ずはスープから頂きます。
多摩組Vol1・TOKYO-X汁
背脂の浮く青湯醤油スープは見た目の印象からは掛け離れた味でTOKYO-Xと言う素材の旨味を柔らかく表現した味。
スッキリとした後口で醤油ダレの味わいがシンプルなYOKYO-Xの旨さをサポートしている感じで繊細な一面も感じられます。
背脂の甘味は醤油ダレの効きを中和する感じで味加減は程好く纏まって仕上がっています。
麺は極太の平打ち麺。
多摩組Vol1・TOKYO-X麺
多摩の柳久保小麦と言う地粉を使った麺でギュギュッと小麦の旨さが詰まったワイルドな味わい。
力強い大地の味は口に運び噛み締めると豊かな風味を堪能させてくれます。
チャーシューはTOKYO-Xの旨さの醍醐味を味わえる気前の好い盛り具合。
多摩組Vol1・TOKYO-X肉
しっとりとした細かな繊維質を感じられる部位や噛み心地の好い部位、脂の軽やかな旨味もTOKYO-Xと言う素材の味の持ち味なのかも知れない。
味付けも素材を活かす味で旨さを堪能出来ました。
シャッキリした茹で加減ののらぼうは味にフィットした好い箸休め。
多摩組Vol1・TOKYO-Xのらぼう
タマ玉子は黄身の濃厚な味とフルンとした白身の味わいも好くこれもまた素材の好さを感じられる味でした。
多摩組Vol1・TOKYO-X玉子
別で提供されたつけ汁は骨の髄まで溶け込んだ濃厚な味で麺をドップリと付けて頂くと癖も無く濃厚な味が堪能出来き味のカスタマイズを楽しめました。
多摩組Vol1・TOKYO-X汁麺
ワイルドな麺を頬張り繊細なスープをグイッと飲みチャーシューを頬張りまたスープをグイッと飲む。
ニッコリしながら夢中で食べて麺や具を食べ終え残ったスープを頂きながらX丼を頂きます。
多摩組Vol1・TOKYO-XX丼
これまた肉の盛が気前好く300円と言う値段では頂けない豪儀な物。
葱の辛味もタレの利かせ方も申し分なくかっ込むようにしてわしわしと食べ進みます。
X丼も食べ終わり残ったスープを飲み干し美味しく完食です。
素材の好さだけではなく色んなメッセージが詰まった味だと感じ苦労して12軒コンプリートしたかいがあった味で余韻の満足感はかなり高い物でした。
第一回の[多摩組]は色々と苦労もあった事、12軒の店主さん達が集まり作り色んな思いが込められ作り上げただけの味ではないとも感じこのコラボが第二回。第三回と続く事も願いつつ楽しみにしたいとも思いました。
心から満足でまた感謝しつつ席を立ちお店を後に。
帰宅予定時間をかなりすぎたが満足な味の余韻に包まれお仕事が待つ自宅へ戻るのであります。
多摩組Vol1・お品書き
(09-100)
第一回多摩組イベント@(会場・鏡花@立川)
TOKYO-X(特別招待・無料)・タマ玉子100円・X丼300円


追記
記事が遅れていますが新しい記事をUPしながら少しづつUPしていこうと思いますm(_ _)m
スポンサーサイト
この記事のURL | コラボ・イベント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/845-16672c32

| メイン |