2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
今年の味噌は・・二葉上荻店@荻窪
2009/11/30(Mon)
午前中のお仕事終えて銀行に用事があり荻窪に。
月末で混む銀行での用事を終えてこの頃大分寒くなってきたので温まろうと気になるメニューがあるお店に脚を向ける。
お店に入り券売機を眺める気になるメニューの食券を購入して空いていたカウンター席に座る。
上二葉・1130メニュー
毎度毎度のお気に入り店、厨房は小林店主と女性スタッフさんのお二人。
毎年味噌ラーメンは頂くが今年の味噌ラーメンはこちらの人気メニューにもなった燕三条系ラーメンがベース。
基本の燕三条系のラーメン・つけ麺、ラーナビ限定の薫三条のラーメン・つけ麺・油そばと頂いたが今回の味噌味もとても楽しみにしていた。
久しぶりの小林店主との四方山話など他愛の無い会話をしながら待ちました。
暫くして野菜たっぷり味噌ラーメンが提供されました。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメン
メニュー名の通りこんもり盛られたもやしとキャベツ、バラチャーシューとメルマガ会員サービスのロースチャーシュー・海苔・めんま・赤い柚子胡椒を乗せたなると・柚子・玉葱が盛り付けてあります。
先ずはスープを一口。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメン汁
どんよりした冬空の様な背脂が泳ぐ味噌スープ。
代名詞である煮干し等の節の風味と味噌ダレの味わいはお互いの風味や持ち味を強く主張せず調和のとれた味に仕上がっている。
ただその調和のとれた味はトロンとした口当たりで口に入るとビターな煮干し等の節の風味や醤油っぽい味噌ダレの風味単体の旨さも舌で感じられる。
甘味のある背脂は味噌の角を丸く感じさせるサポート役、素材もさることながら計算された重なり合う味が楽しめる。
麺は幅広の平打ち麺。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメン麺
こちらの燕三条系でもお馴染みとなった手もみを加えた麺。
滑らかな麺肌で啜って頬張ると柔らかさの中に弾力があり風味も申し分ない。
柔らかめの味わいは燕三条系には好く似合う。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメン野菜
もやしとキャベツの野菜は軽く茹でられシャキシャキした歯応えをプラス。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメンバラ肉
バラチャーシューは柔らかさとジューシーさを楽しめる。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメンロース肉
ロースチャーシューは噛み心地と食感を楽しめ二つのチャーシューはそれぞれ違った表情を見せるがどちらも二葉の味。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメンなると
食べ進むうち赤い柚子胡椒を少しづつ溶かしながら頂くと辛味の相性の好さも感じられる。
途中で全体を好く馴染ませ天地返し。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメン返し
程好い辛味が全体に混ざると甘味や風味も引き立つ、玉葱の風味も好いアクセント。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメン竹
薄味で歯応えの好いめんまは味わいの中で好い箸休めになる。
上二葉・1130野菜たっぷり味噌ラーメン柚子
毎年冬になると柚子の風味は季節感を感じられ楽しいものだ。
麺は柔らかな茹で上がりだが後半までダレずにその食感をキープしながらスープを纏いふっくらした感じになるのは食べ手にとって飽きもせずに食べ進ませる。
グイグイ引き込まれる味とは反対に寂しくなる丼、楽しみつつ夢中で頂く味がある。
麺や具を食べ終えお腹と相談してやみつきロース御飯で〆る。
上二葉・1130やみつきロース御飯
試作で頂いた時よりくっきりとしたタレの味がキーポイントで玉葱の風味が心地好い。
ロースチャーシューも麺と頂いた時よりその旨さがくっきりと出てくるこれで250円はかなりの物。
時折スープを頂きながらワシワシ頂く、食べ終わり残ったスープを飲み干し美味しく完食です。
食べ終わると額には薄っすらと汗を掻きポカポカと身体が心から温まった感じになる。
野菜が無ければまた違った感じに感じられた味わいもマッチングの好さが感じられた。
50円増しで温野菜をプラスしてみても面白いと思う。
何時も心地好く満足させてくれるお店の今年の味噌は寒空の中染み入る味でもありました。
上二葉・0717看板
(09-203)
二葉上荻店@荻窪
野菜たっぷり味噌ラーメン900円
やみつきロース御飯250円
スポンサーサイト
この記事のURL | ラーメン専門店 二葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/937-548a6a85

| メイン |