2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
~祝~二号店開店♪・・大山家青梅店@青梅
2010/02/19(Fri)
OFFの金曜日この日の行動は決めていた朝起きて身支度を整え自宅を出る、やや昨晩のお酒の余韻が残っている。
最寄り駅から電車に乗り目指すは青梅線の小作駅、立川駅で乗り換えのんびり行く。
小作駅に着き歩き出すが駅からかなり遠いと聞いていたので駅前でタクシーに乗りお店を目指す。
タクシーの運転手さんが「最近出来たお店で賑やかですよ~」と言っていた伺う気持ちに拍車が掛かったが道中は運転手さん任せ。
お店に着き車を降りる、街道沿いの大型店で駐車場も広く立派なお店だ。
祝いの花も沢山あり華やかさがある店内に入る。
「いらっしゃいませ~」の合唱と共に大山店主の笑顔があった。
カウンター席に案内されて席に着く、メニューからとき卵ラーメンとミニチャーシューめしをお願いした。
100219大山家青梅・メニュー
以前から聞いていた二号店の話、場所の選択等大山店主も色々苦労された様子。
厨房はスタッフさんに任せ大山店主はホールで接客、暫し話しながら待ちます。
明るく清潔感のある店内、テーブル席とL字のカウンター席があり場所柄色んなお客さんに対応できそう。
暫くすると奥さんもいらっしゃり挨拶、大山店主ご夫妻お二人で毎日此方まで通っているそうだ。
丁度お昼時の店内は待ちが出るほど満席状態、これからも楽しみですが出てくる味もとても楽しみです。
暫くしてとき卵ラーメンが提供されました。
100219大山家青梅・とき卵ラーメン
厚手の店名が入った黒い丼に盛られたとき卵ラーメン、上にはチャーシュー・ほうれん草・三枚の海苔が盛り付けてあります。
先ずはスープから頂きます。
100219大山家青梅・とき卵ラーメンの汁
濃厚さが見た目から伝わってくる醤油豚骨スープはトロンとクリーミーな口当たりで豚骨の旨味が詰まった味。
鶏油の利き方もマイルドさと風味を掛け合わせる感じで本店よりやや軽めな印象もありますが重厚で一癖ある旨さは大山家らしい味です。
麺は角ばった中太麺。
100219大山家青梅・とき卵ラーメンの麺
山正食品の特製麺、滑らかな口当たりと噛むともっちりする麺はギュギュッと詰まった感じでどっしりとしたスープに負けない力強い麺です。
チャーシューは厚めのバラスライス。
100219大山家青梅・とき卵ラーメンの肉
本店と違うロースターで焼いているのでやや歯応えが残るザックリした味わいですがジューシーで香ばしく美味しいです。
ほうれん草を間に挟み楽しんだり、麺を海苔でロールして楽しんだり新しい大山家の味を食べ進みます。
100219大山家青梅・とき卵ラーメンの海苔
丼の底には大山家の名物「とき卵」が仕込んであり食べ進むうち次第にマイルドさが広がります。
100219大山家青梅・とき卵ラーメンのとき卵
麺や具を堪能して残ったスープと共にミニチャーシューめしを頂きます。
100219大山家青梅・ミニチャーシューめし
香ばしくザクザクしたチャーシューはごはんの上でも威力を発揮。
程好く掛けられたタレの甘味が心地好いです。
途中スープで口を潤しながらガツガツ食べ進みます。
ミニチャーシューめしを食べ終わりスープをを丼の縁からグイッと飲み干し美味しく完食です。
食べ終わると満腹感と共に満足感に包み込まれる、この余韻も大山家ならでは。
暫しその余韻に浸り席を立ちお会計。
大山店主からナイスなお土産まで頂きとても感謝m(_ _)m。
本店よりやや軽めな印象ですが時が経つにつれ味も馴染んで落ち着いてくる事でしょう。
店外に出ればさらに待ちもありこの先人気店になる事が間違い無いと思われるお店です。
まだ提供はされていませんが此方限定の味噌ラーメンの提供される頃また伺うつもりです(^^)。
100219大山家青梅・店
(10-040)
ラーメン大山家青梅店@青梅市新町
とき卵ラーメン800円・ミニチャーシューめし250円


スポンサーサイト
この記事のURL | 家系(チックな所含む) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://menrui6urachan.blog87.fc2.com/tb.php/992-b896e7ec

| メイン |